プリントフェイスシールドで感染予防!ウイルスや菌の感染経路の種類を解説

ウイルスや菌の感染経路に関する基礎知識

ウイルスや菌の感染から身を守るために欠かせない、フェイスシールド。毎日使用するものだからこそ、「カッコいいデザインのフェイスシールドを使用したい」「普段使いできるかわいいものがいい」とお悩みの方も多いと思います。

こちらでは、フェイスシールドにお好きなデザインをプリントするサービスを行う菱神産業株式会社が、感染経路の種類について解説します。

感染経路を知ると、日常生活でフェイスシールドが活躍する場面を知ることができ、その場面に合わせたデザインのフェイスシールドを身につけることができます。ご自身の用途に合ったフェイスシールドをご希望の方は、ぜひ参考にしてください。

オリジナルデザインのフェイスシールドを作る前に知りたい感染経路の種類

バスルームのシンク

ウイルスや菌は目に見えないため、どのようなルートで感染するのか気になる方は多いでしょう。オリジナルデザインのフェイスシールドを制作する前に、まずはウイルスや菌の感染経路の種類を把握しておきましょう。

接触感染

感染者が使用した電話やドアノブ、電車のつり革、エレベーターのボタンには、ウイルス・菌が付着することがあります。それらに手や指が触れることでウイルス・菌が付着し、その手や指で口や鼻に触れることで、感染します。

接触感染を防ぐためには、日頃から手洗いを行うようにしましょう。
口や鼻をマスクやフェイスシールドで覆うことも、感染対策の1つになります。

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳には、無数のウイルス・菌が含まれています。くしゃみや咳、会話などによって飛沫が拡散され、周囲の人の口や鼻に触れることで感染します。飲食店や学校、病院などでは人と会話することが増えます。

マスクやフェイスシールドで、飛沫が飛ばないようにしましょう。

空気感染

空気中に浮遊している飛沫核を、口や鼻から取り込むことで感染します。

飛沫核とは、感染者から出た飛沫が、乾燥して水分が抜けて、ウイルス・菌だけになったものです。水分を含んでいない微細な粒子のため飛沫核は、空気中を浮遊することができます。感染者と1~2m以上離れていても、感染することはありえます。

感染対策として、こまめな換気が必要です。

経口感染

ウイルス・菌が付着した飲食物や、感染者が触れた飲食物を飲んだり食べたりすることで感染します。

カッコいい・かわいいデザインのフェイスシールド制作のご依頼なら

目に見えないウイルスや菌をできる限りブロックするためには、日頃の感染対策が重要です。室内の換気を行い常に新鮮な空気を取り入れるとともに、マスクやフェイスシールドなどを活用して、ウイルスや菌に感染しないようしっかり予防を行いましょう。

日常生活の一部となったマスクやフェイスシールドに対して、「使うならおしゃれなものを使いたい」「会社の雰囲気に合ったマスクが欲しい」とお考えの方は、ぜひ菱神産業株式会社へご依頼ください。菱神産業株式会社がご提案する「マスクリア」は、透明マスクに名入れやお好きなデザインを施すことができます。

企業ロゴを取り入れた統一感のあるカッコいいデザインから、普段使いできるかわいいデザインまで、ご希望のデザインで制作いたします。

フェイスシールドの種類は「マスクリアエコノ」「ウィンカムヘッドセットマスク」「プリントフェイスシールド」の3つをご用意しております。フェイスシールドに施すデザインやその他ご質問などございましたら、菱神産業株式会社までお気軽にお問い合わせください。

カッコいい・かわいいデザインのプリントが可能!オリジナルフェイスシールドの制作は菱神産業株式会社

会社名 菱神産業(株)
設立 1975年5月1日
資本金 1000万円
代表取締役 上野 勇次
住所 〒674-0074 兵庫県明石市魚住町1106−4
電話番号 078-943-1997
FAX 078-943-1030
事業内容 透明マスク「マスクリア」「ウィンカム ヘッドセットマスク」の販売、インターネット通販(株式会社セルフイメージ)、機械工具の卸売業、構内請負業
主要取引先 (株)山善、(株)MonotaRO、アスクル(株)、楽天(株)、キャタピラージャパン(同)
URL https://www.ryoshin.com/

アクセスマップ