マスクにプリントでロゴを!ノベルティにも最適!ノベルティとは

マスクにプリントでロゴ!ノベルティと記念品との違いやノベルティの条件を解説

マスクにプリントで会社や商品のロゴ入れをすると、優れたノベルティを作れます。今回は記念品・販促品との違いを解説します。さらに、会社のイメージアップや知名度を上げるため、ロゴ入りのノベルティを作る前に、確認しておくべきことをまとめました。

記念品とどう違う?ノベルティとは

クエスチョンマーク

ノベルティと似ているものとして、記念品があります。ノベルティと記念品とは、製作をする目的が違います。

記念品とは

記念品は特定の物事をお祝いしたり、関係する方々への感謝を示したりする目的で贈るものです。

記念品はお祝い事がその品物によって、思い出に残るような品物が選ばれます。例えば、創立記念日に贈られる記念品には、無難な品として時計が注目されています。

また、ビジネスシーンでも使えるボールペンや万年筆などの筆記用具が人気です。記念品を贈る対象は、お祝い事の関係者です。値段は高価なものも多いでしょう。関係者が記念品を喜んで使ってくれれば、選んだ甲斐があったといえます。

ノベルティとは

一方ノベルティは特定の商品や会社を宣伝し、イメージや認知度を上げるため、消費者に配られるものです。

記念品と違い、ノベルティは配りやすい・実用性がある・印象に残りやすい品物が選ばれます。対象者は幅広い消費者であるため、量産でき配りやすいことが条件になります。実用性があれば簡単に捨てられるリスクが少なくなるのです。また、インパクトのある品物であれば、ノベルティそのものが話題となり宣伝効果も上がります。

会社や商品のロゴの入った品物を、仕事場など日常の場で使ってもらうことで、多くの人がロゴを目にすることになります。そうすると認知度を広げられるため、実用的である必要があるのです。また、幅広く配布したいため、低予算で準備できるという点も重要となります。例えば、配りやすくてすぐに使いやすい、そして使われることで宣伝効果の生まれるものが効果的です。メモ帳やカレンダー、そして今の時代マスクもおすすめといえます。

ノベルティと販促品の違い

最後に、ノベルティと販促品との違いにも触れておきます。販促品とは販売促進の目的で配布される、品物全般を指すものです。とくに社内や製作メーカーとの間で使用する言葉です。消費者に向けて発信する場合には、ノベルティやプレミアムグッズ(購入したり対象物を利用したり、特別なことをした場合サービスの一つとして贈られるもの)、景品など目的に応じた言葉となります。

ロゴ入りノベルティを作る前に確認したいポイント

説明する女性

ノベルティを作るならオリジナリティが大事です。会社や商品のロゴや名前を入れるのは、なによりも鉄則といえます。なぜなら先に述べたように、知名度を上げる・イメージアップをするのが、目的のものだからです。そのうえでノベルティを作るために、しっかりと確認したいことがあります。

配布する目的をはっきりする

配布の目的、つまり配布することでどういった結果を導きたいかを明らかにしておくべきです。そうすることで、どういったものをノベルティにしたらよいかが見えてきます。

新商品を出したので名前を覚えてほしいのなら、日常によく使うものや、配った人以外の目にも入るものがいいでしょう。例を挙げると、メモ帳やマスクです。

名刺代わりに配ってとりあえず知名度を上げたいと考えるなら、渡しやすく低予算で用意できるものを探します。SNSなどで話題にしてもらうことが目的なら、インパクトのあるものを選びます。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にするのも大事です。若い世代に広めたいのに、使わないようなものを作っても意味がありません。女性か男性かでも、用意するものは変わります。性別や世代別に何がはまるのか、リサーチすることも必要です。

予算と数量

ノベルティとして用意するなら、予算は大事です。数量をしっかり把握することで、予算も読みやすくなります。多く配れば配るほど効果が上がるものなので、低予算で用意できないか考慮するとよいでしょう。

ノベルティの依頼をお考えなら、菱神産業 株式会社までお気軽にご相談ください。

マスクにロゴをプリント!ノベルティ制作をするなら菱神産業 株式会社へ

ノベルティは会社や商品のイメージアップや、認知度を上げるために消費者に配るものです。作る前にはターゲットや配布の目的をはっきりさせて、数量と予算を確認しておくところが大切になります。

そのなかで菱神産業 株式会社がおすすめするノベルティは、プリントできるマスクです。マスクは実用性としては抜群で、配りやすく比較的低予算にて用意可能です。また、常につけているものなので、SNSなどにあげる際にも写りこみやすい特徴があります。嫌な感じにならないよう、小さめにロゴを入れるとよい印象を受けます。

ノベルティにマスクをお考えなら、まずは菱神産業 株式会社にご相談ください。

マスクにロゴをプリントするなら菱神産業 株式会社

会社名 菱神産業(株)
設立 1975年5月1日
資本金 1000万円
代表取締役 上野 勇次
住所 〒674-0074 兵庫県明石市魚住町1106−4
電話番号 078-943-1997
FAX 078-943-1030
事業内容 透明マスク「マスクリア」「ウィンカム ヘッドセットマスク」の販売、インターネット通販(株式会社セルフイメージ)、機械工具の卸売業、構内請負業
主要取引先 (株)山善、(株)MonotaRO、アスクル(株)、楽天(株)、キャタピラージャパン(同)
URL https://www.ryoshin.com/

アクセスマップ